ダニ対策を始める前にまずは知っておいて欲しい事をご紹介します。

最初にダニの事について理解しておくと、ダニ対策も効果的に行う事が出来ますので、しっかりと読み進めてみて下さい。

1.ダニってどんな生き物?

ダニは、アレルギーや喘息の原因と言われています。
人間と関係のあるダニは、ダニ全体で見れば多くはありません。

しかし、その少ないダニたちは、人間にとって有害と言える存在なのです。
では、そんな人間にとって有害なダニというのは、どのような生物なのでしょうか。

ダニというのは、とても小さな生物で、ほとんど目に見えないため、人間の目ではダニがどこにいるのかわかりません。

ところが、家の中には、何種類ものダニがいるのです。

ダニたちは、栄養分として埃や人間の垢や髪の毛などが大好物で、小さかったダニたちはそうした家の中に落ちている物を食べながら、約一ヶ月ほどで成虫になって、卵を産みます。

最初は30匹ほどでも、ダニは卵産み、10週間ほどあれば1万匹近くにもなるのです。

2.ダニによる疾患

屋内に生息しているダニが、すべて有害なわけではありません。
しかし、有害なダニは、赤ちゃんのアトピー性湿疹の原因にもなります。

さらに、風邪や喘息に繋がることもありますから、特に小さなお子様がいる家庭では注意が必要です。

大人も、鼻炎、皮膚炎、アレルギー性疾患の原因になります。

また、刺された際にかゆくなるタイプのダニもいます。

このタイプのダニの代表は、ツメダニです。
ツメダニに噛まれると赤いぽつぽつとしたものが皮膚に出て、かゆくなります。

ダニは、生きているダニだけが有害なわけではなく、ダニの死骸や糞も、喘息やアレルギー性疾患の原因になりますのでダニ対策はきちんとおく必要があるのです。

3.ダニ対策をしよう

ダニには、活動が活発になる湿度があります。
それは、55%以上の湿度です。

ですから、湿気がこもりやすい場所は、ダニにとって居心地の良い場所になります。
そこで、ダニ対策は乾燥させることがポイントになります。

布団へのダニ対策

毎日、眠るときに使う布団は、日光に干して湿り気を減らすことがダニを弱らせることに繋がります。

布団乾燥機を使って、布団を乾かすこともダニ対策には効果的です。

しかし、1週間に1度程度では、それほど大きな効果は期待出来ません。
ダニを減少させるためには、1日おき程度の間隔で、布団乾燥機を使う必要があります。

布団へのダニ対策は布団の効果的なダニ対策!あなたは大丈夫?でも書きましたのでこちらも合わせてご覧下さい。

絨毯へのダニ対策

ダニは、絨毯にもいます。
掃除機をかけることでダニを吸い込むことができますが、掃除機では半分もダニを取り除くことができません。

そのため、クリーニングに出したり、干すことも大切で、布団乾燥機で絨毯を乾燥させるというのも良い方法です。

畳へのダニ対策

畳の場合は、天日干しにすると良いでしょう。
ダニは畳を好みます。
ですから、天気の良い日は天日干しにして、畳の下となる部分に防虫シートを敷くという方法が効果的です。
畳を天日干しできない場合は、専門の業者に頼むという方法もあります。

まとめ

いかがでしたか?

ダニ対策って言っても色々ありますが、ダニに正体が分かれば、後はきちんと日々ダニ対策を行う事で確実に効果が出てきます。

焦らずにひとつひとつ行うようにして家庭内のダニ対策を行ってみて下さい。