ダニ対策と言えば、春から夏にかけて行う家庭が多いのですが、
皆さんのご家庭はいかがでしょうか?

寒い季節になると一般的にダニ対策はおろそかになりがちです。

特に冬は、高温多湿を好むダニにとって、
寒く乾燥しがちなので、本来非常に生きづらい気候のはずですが、

最近では、ダニが冬に死滅せずに、冬にダニに刺されるという事例も増えています。

今や私たちを悩ますダニ問題は年中無休、冬といえども対策を怠るのは危険なのです。

今日は、そんな冬にダニ対策をするべきその理由についてお話してみます。

冬にダニ対策をするべきその理由

“人が快適=ダニも快適”です。

近年、私たちの住まいの環境は劇的に良くなっており、昔に比べると、冬でも家の中は寒さを感じにくくなってきています。

気密性・断熱性に優れた家の設計に、エアコン、ファンヒーター、床暖房・・・と、快適に冬を乗り切るための設備が一般家庭にもごく当たり前に導入されています。

そして、空気が乾燥すれば加湿器のスイッチを入れ、お部屋の湿度をしっかり保つことで、冬でも、家の中では乾燥を感じることもなく、ストレスフリーで過ごせるようになっています。

しかし、このような環境の変化において、ストレスフリーとなったのは人間だけではありません。

実は、冬の寒さや乾燥の被害を受けることがなくなったダニはこうした環境の恩恵を受けて、今までは冬になって気温が下がると死ぬ言われていたダニも冬になっても死ぬこともなく、暖かいカーペットや布団の中に隠れている場合も多いのです。

特に冬の電気カーペットは要注意です。下記の記事も合わせてぜひ読んでみて下さい。

カーペットのダニ退治で大事なポイントとは?

生息するダニによる被害に加え、ハウスダストとしてのダニ被害にも要注意

ひと口に“ダニ”といっても様々な種類がいて、人を刺すダニと刺さないダニがいます。

人を刺す種類として一般的に知られているのが、「イエダニ」や「ツメダニ」です。

ダニは、寒さで死滅すると言われているのですが、冬でも暖かい部屋の中では、布団やカーペット、クローゼットや押入れなどで、ダニが卵のまま冬を越す事が出来るようになっています。

だから、冬は大丈夫だったけれど、春から夏にかけて大量のダニが発生するという事も起きる可能性があるのです。

また、ダニの糞や死骸は、ハウスダストとしてアレルギー症状を引き起こす原因にもなりますので、冬でも万全な対策を講じておく必要があるのです。

具体的には、

・部屋の掃除をこまめにする
・布団やカーペットのダニ対策
・定期的に換気をして部屋の空気を入れ替える

などが大事です。

まとめ

“冬の一手”が春夏を快適に過ごすポイントに!

「冬だから」とダニ退治をお休みされていた方は、ぜひダニ対策をする事をオススメします。

ダニが冬に死滅してしまう事も少なくなり、冬のダニ対策は必ず行った方がいいです。

終わりのないダニ対策にうんざり・・・という方でも、“孵化前の冬の季節のダニ対策”こそが春夏のダニ繁殖を最小限に抑えるカギとなります。

掃除や洗濯、こまめな換気等の日常の基本的な対策や家庭で簡単に出来るダニ退治をぜひ実践して下さい。

今、対策をするのとしないのとでは、暖かくなってきたときに雲泥の差が生じますので、冬にこそダニ対策をする事が大事です。