子どもの通年性アレルギーの原因になりやすいものに、ハウスダストがあります。

この言葉、良く目や耳にすることが多いのですが、その内容について詳しく知っていますか?

ハウスダストを減らしてアレルギー対策を

本日はハウスダストを減らしてアレルギー対策する方法をお話させて頂きます。

「そもそもハウスダストって何?」

ハウスダストというのは、ホコリの中でも目に見えにくいほど小さなもので、アレルギーを引き起こす原因物質の総称です。

ダニの死骸やフン、ペットの毛やフケ、虫の死骸、フン、カビの胞子や細菌、室外から侵入した花粉など、聞いただけで震え上がりそうなほど不快なものですね。

こうした物質が室内のあらゆる場所にあり、それを吸い込むとアレルギー性鼻炎やアレルギー性結膜炎、アトピー性皮膚炎や気管支喘息などを発症する原因になるのです。

これを聞くと、いかに日頃のお掃除が大切かを実感しますね。

子どもや家族全員のアレルギーを予防するためにも、またその症状を抑えるためにも、ハウスダストへの対策は万全にしたいものです。

ハウスダストを上手にとりのぞくコツは?

ハウスダストは人の動きにともなって、ふわふわと空気中に舞い上がり、人の動きが止まるとまた下に落ちてきて床に溜まります。

ですからリビングやキッチンなどは子どもが起きてくる前の朝いちばんに、掃除機やフロアモップなどで掃除をするのがベストです。

同じように日中も人がいなければ床に落ちますので、夕方家族が帰宅する前も、掃除をするのに良いタイミングですね。

掃除機をかける時はできるだけゆっくりと動かすようにすると、ゴミもハウスダストも良く吸い込めます。

また毎日は無理でも、時間に余裕のある時は拭き掃除をしましょう。

ハウスダストのたまりやすい場所は?

目に見えやすい床の上や家具の上、家電製品の周辺などの他、カーテンレールや家具の裏の配線、エアコンの上や背の高いタンスなどの上にも、たくさんのほこりと一緒にハウスダストがたまっているので、定期的にこまめに掃除をするようにして下さい。

また押入れの中や収納家具の中、家具の下の手の届きにくい部分なども、気を抜かずにキレイにして下さいね。

小さな子どもは大人よりもかなり目線も動線も低いので、子ども目線になって気になる部分は丁寧に掃除するようにしましょう。

洗えるものはこまめに洗う

カーテンやクッションカバー、タオルや足拭きマットなど、洗濯できるものはこまめに洗うようにしたいものです。

ぬいぐるみもダニやハウスダストがつきやすく、子どもが抱きかかえるとアレルゲンを吸い込みやすいので、洗えるものは洗うようにして下さい。

バスタオルも濡れていると雑菌が繁殖しやすいので、できれば使うたびに洗うのがベストです。

まとめ

家の中は人が生活する場所ですから、完全にハウスダストを取り除くことは無理ですが、少しでも減らすための取り組みはしていきたいですね。

また物が多いとどうしてもその上や周辺にホコリがたまりやすく、掃除もしづらくなってしまうので、物を減らす工夫も大切なポイントになります。

ぜひ一度家の中を見回して、あなたのご家庭なりのハウスダスト対策を考えてみて下さい。