親がアレルギー体質だと子どももアレルギーになってしまうの?

自分がアレルギーを持っているパパやママは、子どもができると気になってしまいますよね。

アレルギーって本当に遺伝するのでしょうか?

両親のアレルギーは子どもにも遺伝する!?

パパかママのどちらかにアレルギーがある場合は、約30%の確率で子供にアレルギーが出ると言われています。

また、パパとママの両方がアレルギー体質だと約50%の確立で、子どもにもアレルギーが出ると言われています。

反対に両親ともにアレルギーがないのに、子どもはアレルギーというケースもあります。

その理由としては、パパやママはアレルギーの遺伝子を持っているものの、環境などによってこれまで発症してこなかったということが考えられるそうです。

こうした研究の結果を見ると、やはりアレルギー体質は遺伝の影響を受けると言えます。

ただしアレルギーを発症していない両親の例からもわかるように、遺伝だけが原因となるわけではありません。

アレルギーの遺伝子を持っていない子より、症状が出やすいかもしれないと意識しておくと良いのではないでしょうか。

遺伝だけでアレルギー症状が出るとは限らない

アレルギーの症状は、アレルゲンに触れて体の中に取り込まれることで起こります。

ですから、できるだけアレルゲンを排除する工夫を続けることで、子どものアレルギーの発症を遅らせたり、少なくすることも出来ます。

両親にアレルギーがある場合には、日常生活の中でできる工夫はしておきたいですね。

ただ注意したいのは、親と同じアレルギーが子どもにもそのまま現れるわけではないということです。

親に食物アレルギーがあるからといって、子どももその食品にアレルギーを持つわけではありませんし、親が動物は平気でも、子どもが猫アレルギーになることもあります。

ですから例えば自分が卵アレルギーだからと言って、子どもにも卵を食べさせないというのは間違いです。

遺伝するのはアレルギー体質であって、同じアレルゲンに反応を起こすわけではないんですね。

アレルギー症状を起こさせない対策を

では、どんな対策をしたら良いかというと、基本になるのは環境を整えることです。

ダニ対策やハウスダスト対策をしっかりすること、花粉のひどい時期には家の中に花粉を持ち込まないこと、タバコや有害物質から遠ざけることなど、考えられる対策はできるだけ行っていきましょう。

食物アレルギーに関しては、かかりつけの医師を作って相談をしながら、必要であれば除去食を行うことで、辛いアレルギーの症状を起こさないようにできます。

赤ちゃんのうちから症状がでる子もいますので、心配な場合は離乳食の開始を遅らせるという方法も良いと言われています。

まとめ

自分がアレルギーを持つパパやママは、子どもにアレルギーが出ると自分を責めがちですが、まずは自分を責めるのをやめましょう。

もし子どもに体質が遺伝していたとしても、その後の対策で症状が出ないように抑えたり、子どもの症状にすぐに対応してあげることができます。

前向きにとらえて、体質改善などを考えてあげて下さいね。