アレルギーの子どもが増えていると言われていますが、食物アレルギーも例外ではありません。

離乳食を始める前からアレルギーの疑いがある子だと、何を食べさせたらいいのか、どう離乳食を進めたらいいのかと、迷ってしまうこともたくさんあるのではないでしょうか。

アレルギーの疑いがある子の離乳食対策とは?

最低限どんなことに注意する必要があるのか、気をつけたい事柄について本日はお話させて頂きます。

勝手な思い込みで判断しない

両親のどちらか、もしくは両方にアレルギーがあると、子どももアレルギー症状が出やすくなるため、特に離乳食には神経を使ってしまうと思います。

でも親がそばアレルギーだから子どももそばにアレルギー反応を示すかというと、それは違います。

ですから、親の判断だけで、勝手に特定の食品は与えないというのは良くありません。

離乳食には色々な食べ物に慣れさせる目的があるので、できるだけ多くのものを食べさせてあげるというのが大切なことです。

ただアレルギーの疑いがある子は、やはり注意深く離乳食を進める必要があるでしょう。

小児科やアレルギー科のかかりつけ医を見つけて、医師と相談しながら進めて下さい。

3大アレルゲンに注意しよう

乳幼児の食物アレルギーで一番原因となりやすいのが、卵・乳製品・小麦です。

この3つの食品を食べさせるときには特に注意しましょう。

中でも卵は特に赤ちゃんのうちはアレルギー症状が出やすいので、慎重に始めて下さい。

黄身よりも白身の方に反応しやすいので、まずは黄身から食べさせてみて、大丈夫なら次は白身に挑戦してみるようにします。

離乳食のうちは必ず火を通して使い、生卵のまま使うのは避けて下さい。

牛乳やヨーグルト、チーズなども離乳食に使いやすい食品ですが、初めて食べさせるときには十分に注意して下さいね。

小麦は最近子どもにも増えつつあるアレルゲンです。

パンやうどんなども離乳食を進める上で出番の多い食材ですが、1度にあまりたくさん食べさせないようにした方が良いかもしれません。

離乳食はゆっくり、少しずつ進める

アレルギーの子どもが増えていることもあって、最近では離乳食のスタートは6ヶ月を過ぎた当たりからというのが主流になってきています。

まだ赤ちゃんの消化機能がしっかりと出来上がっていないうちは、うまくタンパク質を分解しきれないために、アレルギー反応を起こしやすくなります。

そのため、離乳食は遅めに始めてゆっくり進めるというのが、赤ちゃんに負担をかけない方法と言われています。

もし離乳食を食べさせたあとに発疹やじんましんなどの皮膚症状や、下痢やお腹が痛い、ゼイゼイしたり呼吸がおかしいなどの様子が見られたら、小児科などのかかりつけ医に相談して下さい。

自分の判断で特定のものを食べさせないようにするのは、良くありません。

必ず医師の判断やアドバイスに基いて、進めることが大切です。

自分で注意できることとして、初めて食べさせるものは1回につき1つずつにすると、何に反応してアレルギー症状が出たのか判断しやすくなります。

また症状が出たときにすぐに病院に連れていけるように、初めてのものは午前中に試してみるようにしましょう。

まとめ

赤ちゃんのうちはアレルギー症状があったものでも、成長するにつれて克服できることも多くあります。

あまり心配しすぎずに、不安なことは医師や地域の保健婦さんなどに相談してみて下さいね。