子どもの咳が気になって病院を受診したら、小児喘息の可能性があると言われたら驚きますよね。

小児喘息も最初からひどい咳や喘鳴(ヒューヒュー、ぜいぜいという呼吸)が見られる場合もあれば、それほど深刻な症状ではない場合もあります。

もし喘息っぽいねと言われたら、どんなことに注意をしたら良いのか?本日は小児喘息の見極め方法をお話させて頂きます。

小児喘息になる原因は?

喘息は、気管支が炎症を起こして腫れたり、たんが詰まるなどで気管支が狭くなってしまい、空気が通りにくく次第に呼吸が苦しくなる症状です。

呼吸をするたびにヒューヒュー、ぜいぜいという音がして、ひどくなると呼吸困難のために夜も眠れなくなったり、日常生活にも影響を及ぼすようになります。

両親や兄弟に喘息があると発症する確率が上がります。

アレルギーが大半の原因とも言われ、ダニやほこり、カビなどの他、花粉や昆虫、動物なども喘息を引き起こす原因になります。

また環境による影響も大きく、タバコの煙や排気ガスなどで汚染された空気、ウィルスなども子どもの気管支に刺激を与えて、喘息を発症させることがあります。

その他原因となる可能性があるものとして、ヘアスプレーなどの化学物質や、蚊取り線香、花火、ストーブなどの煙、気温差などが考えられます。

喘息の可能性がある子がいるなら、親の工夫で防げるものは、できるだけ遠ざけてあげることが望ましいでしょう。

徹底した環境整備と服薬治療

もし喘息っぽいと病院で言われたら、家の中を見直してみて下さい。

ダニやホコリ、カビを徹底的に排除して、外の花粉なども家の中に持ち込まない対策を立てましょう。

小児喘息は発症してすぐ、まだ症状が軽いうちに治療を始めれば、重症にならずに完治する可能性もあります。

1〜3歳が発症のピークですが、小学生になる頃までには良くなっていくことが多いです。

ただ、的確な治療を行わずに放置しておくと症状が悪化してしまうので、早い段階で気づいて治療を開始してあげることが重要です。

少しでもおかしいなと思ったら、早めに小児科や呼吸器科、アレルギー科などを受診してみて下さい。

その際には、詳細な症状をメモしておいて、医師に伝えるようにして下さい。

喘息かどうかの診断は喘鳴が聞こえないと出来ませんので、呼吸音が普通に戻っている状態では、その症状のメモが判断の手がかりになります。

治療に関してはかかりつけ医と良く相談しながら、服薬や体質改善などを行なっていきましょう。

自分の判断で薬の服用をやめたり、治療をやめたりするのは絶対に避けて下さい。

治療方針をしっかりと医師と共有しながら、喘息の発作が起きないような環境づくりをしながら、上手にコントロールしてあげることが大切です。

まとめ

小児喘息は発作がひどくなると本人も親も苦しい病気ですが、年齢が上がれば治ると信じて、今できる治療や対策をしっかり行ってあげて下さい。

運動療法などで体を強くして、喘息発作を克服する方法もありますので、子どもの症状や体調を見ながら取り組んでみるのも良いと思います。

ただし自己判断は絶対にやめて、医師の指導の元で行うようにして下さいね。