子どもって本当に良く鼻水を出していますよね。

特に遊びに夢中になっている時など、大量の鼻水を鼻の下に垂らしながらいることも。

どうして小さな子どもは、鼻水が出やすいのか気にしたことはありますか?

子どもの鼻水が止まらない場合は要注意!その原因と対策とは?

本日は、その子供の鼻水の原因と対策についてお話させて頂きます。

子どもの鼻水の原因を知ることが大切

昔の子どもと比べると、今の子は鼻水をたらしていることがなくなったと言われますが、それでもやはり子どもはちょっとしたことで鼻水が出やすいものです。

どうして?と思うかもしれませんが、小さな子どもはまだ鼻の機能が未熟なので、大人に比べるとすぐに鼻水が出てしまうのは仕方のないことなのです。

ではなぜ鼻水が出るかというと、これは正常な体の反応で、ホコリやダニ、花粉やウィルスなどを体の外に出そうとする防御反応が働くからです。

なので、鼻水が出なくなると逆に困ってしまいます。

例えば、子どもはよく風邪をひきますが、風邪をひくと細菌やウィルスなどが鼻の粘膜を刺激して、鼻水が出ます。

これはウィルスや細菌などの異物を、体の外に出そうとする働きによるものです。

同じように、花粉症の子どもは花粉が入ると鼻水が出ますし、ダニアレルギーの子はダニに反応して鼻水が出ます。

子どもが鼻水を出していたら、何が原因になっているのかを、良く調べてあげて下さい。

子どもの鼻水の原因で多いのはやはり風邪ですが、最近ではアレルギーの子どもが増えていることもあり、ダニやホコリなどのハウスダストや、花粉などで鼻水が止まらなくなる子も最近は増えています。

もしいつまでも鼻水が止まらないとか、鼻水の色が気になるという時は、一度耳鼻咽喉科やアレルギー科を受診して原因を調べてももらってみて下さい。

鼻水を上手にかめるように

たかが鼻水くらい、と言う人もいますが、放っておくのは良くありません。

長引く鼻水は頭がぼーっとしたり、集中力が途切れたりして、生活の質を落とすことがありますので、早めに対策をしてあげて下さい。

サラサラした透明の鼻水が長く続き、目をかゆがったりくしゃみが出る場合は、アレルギーの可能性が高いです。

ハウスダストやダニ、花粉、空気中の化学物質などに反応して鼻水が出ているので、薬でコントロールしながら、アレルギーの原因を除去するといった対策を取る必要があります。

そうではなくて、黄色や黄緑などの色がついた、ドロっとした鼻水が出る場合は、ウィルスによるものです。

風邪のウィルスでもこのような鼻水が出ますが、こうした鼻水を上手にかんで外に出せずに、すすってしまったりしていると、中耳炎や副鼻腔炎になる恐れがあります。

中耳炎は一度かかると、何度も繰り返す傾向がありますので、様子を見ておかしいと思ったら、早めに耳鼻科で診察してもらいましょう。

また子どもは大人のように、上手に鼻をかむことができません。

根気よく鼻をかむ方法を練習させて、ちゃんと外に鼻水が出せるようにすることも大切です。

鼻をかむときは、片方ずつ押さえながらゆっくり優しくかむこと、口から息を吸って空気をいれてからかむことなどに注意します。

両方の鼻を思い切りかむと、耳が痛くなることがあります。

小さくて自分でかむのが難しい場合は、鼻水を吸い取る機械が最近はたくさん売っていますので、それを使って吸ってみて下さい。

電動式のものからママが吸ってあげるチューブタイプのものまで色々あります。

それでも難しいなら、こまめに耳鼻科に行くのがオススメで安心です。

まとめ

子どもは鼻水を出しやすいものですが、様子によっては早めに病院で診察を受けた方が良い場合もあります。

機嫌が悪くグズグズしている、いつまでも鼻水が続いている、耳を良く触るなど気になることがあったら、早めに耳鼻科や小児科で相談するようにして下さいね。