アレルギーを持つ子がいるご家庭では、子どもの夜間から早朝にかけての咳に悩むことも多いのではないでしょうか。

苦しそうだし、眠れないしで本当にかわいそうで、何とかしてあげたいと思いますよね。

でもどうして、夜になると咳がひどくなるのでしょうか。

夜中に子供の咳を楽にしてあげる方法とは?

本日は、夜中に子供の咳を楽にしてあげる方法についてお話させて頂きます。

子どもが夜咳き込むのはなぜ?

アレルギー体質の人ならわかると思いますが、日中はそうでもないのに、夜間から早朝にかけて咳が止まらなくなることが多いですよね。

特に子どもだと見ているだけで辛くなりますし、親も寝不足になってしまって大変です。

小児科の先生によると、診察するときの様子がお母さんの方が疲れ切っていて、本当に辛そうだといいます。

夜に咳が出る原因として、様々な場合があり、いくつかの要因が重なって、ひどい咳になっていることもあるでしょう。

現在言われている原因には、次のようなことがあります。

気管支が狭くなる

夜中から朝にかけては、気管支が狭くなりやすいため息がしづらくなり、さらにアレルギーがある子は気道が敏感になっているので、ちょっとした刺激でも咳がでます。

痰がからむ

子どもは大人以上に痰が良く作られるのですが、大人のように上手に吐き出すことができません。

そこでいつまでも喉に痰がからんだ状態で、痰を出そうとするのが咳の原因となっています。

鼻水がのどに流れ落ちる

仰向けに寝ていると、鼻水がのどに落ちてしまい、それが刺激になって咳がでます。

分泌物の粘り気が強くなる

夜になると副交感神経が優位になり、その影響で痰や鼻水の粘り気が強くなります。

気管支も狭くなっているので、よけいに痰が絡んで咳がでます。

布団のダニやほこりが喉を刺激する

布団にダニやホコリなどの異物があると、それを吸い込んでしまってアレルギー反応が起こります。

このように、いくつかの原因が重なって、夜中の子どもの咳はひどくなっています。

咳を鎮めるために家庭でできることは?

夜中の辛い子どもの咳をラクにするために、家庭でもできる対策は、これらの要因を取り除いてあげることです。

中でもすぐにできる対策は、布団のクリーニングです。

丸洗いできる布団は一度洗い、こまめに布団用の掃除機などをかけて、ダニやホコリをできるだけ取り除きます。

それだけでかなり夜の咳が治まったという人もいます。

また、寝る姿勢も大切で、喉に鼻水が流れないためには、仰向けでなく横向きで寝かせてあげましょう。

咳がひどい時は、枕を高めにしてあげるのも効果的です。

加湿器で加湿したり、空気清浄機をつけて寝るなど、寝室の環境を整えて痰がからみにくくなるようにするのも有効な方法です。

少し大きな子どもなら、マスクをつけて寝るということもできますね。

もし痰がからまっていたら、自分ではうまく出せないので、吐き出せるように手伝ってあげて下さい。

子どもが咳き込んだタイミングで、背中を下から上にむかって、軽く手を丸めてトントンと叩いてあげましょう。

痰が出れば、咳もかなりラクになります。

まとめ

子どもの夜中の咳には、子どもならではの大人とは違う事情があります。

少しでも咳が鎮まって、ぐっすり眠れるようにしてあげたいですね。

あまりにもひどい時は、吸入の薬や貼って使う小さな薬などでラクにする方法もありますので、医師にも相談しながら対策してみて下さい。