アレルギーのお子さんを持つお母さんやお父さんなら、アレルギーマーチという言葉を一度ならず聞いたことがあるのではないでしょうか?

でもこの言葉、実際には一体どんな意味を持つのかご存知でしょうか?

アトピーの子は注意!アレルギーマーチとは?

アレルギー体質の子がいるなら、無関心ではいられないこのアレルギーマーチについて、本日はご紹介させて頂きます。

アレルギーマーチって何のこと?

こどものアトピー性皮膚炎が落ち着いたと思ったら、次は小児ぜんそくに・・・。

こんな経験を持つ人は思い当たるかもしれませんが、アレルギーというのは連鎖して起こったり、いくつかの症状が複合的に起こったりすることがあります。

アレルギーマーチというのは、アトピー素因を持つ子どもが成長するに従って、次々と種類の異なるアレルギー症状を発症することを指す言葉です。

同愛記念病院小児科医長の馬場実先生が提唱したもので、アレルギー性疾患が次から次へと現れるようすが、まるでアレルギーの行進のようだからだそうです。

アレルギーマーチは人それぞれ現れかたも順番も違いますが、最も典型的なパターンでは、乳児期には皮膚症状や消化器症状が見られ、生後6ヶ月頃になると今度は喘鳴が、そして1〜2歳になると気管支喘息や花粉症へと移行します。

もちろんアトピー要素を持つ子どもが、すべてこのようになるというわけではありませんし、成長に伴って自然にアトピーが良くなる子もいますが、大人になってもアレルギーが続いている人もいて、早期にしっかりとした治療や対策を取ることが重要だと言えるでしょう。

抗原も症状を起こす場所も変化する

アレルギーマーチについて、もう少し具体的に見てみましょう。

最初は離乳食で与えた牛乳や卵が抗原となってアレルギーが起き、湿疹が出来たり下痢をしたりする症状が見られます。

これが落ち着いた頃、次は喘鳴を繰り返すようになり、1歳を過ぎると気管支喘息の発作を起こすようになります。

その後小学校に上がる頃には、アレルギー性鼻炎や、アレルギー性結膜炎の症状が出て、花粉症などになります。

アレルギー性体質の人はひとつの抗原に対してIgE抗体を作ってしまうと、次からは他の抗原に対しても簡単にIgE抗体を作るようになってしまうからです。

大人になってから突然アレルギー症状を発症した人でも、調べてみると子どもの頃にアトピー症状があり、それが自然に治っていたということも多いそうです。

また子どもは成長につれて、アレルギーを発症する場所が消化器から皮膚へ、次に気管、そして鼻粘膜から結膜へと、移動することも、アレルギーマーチの原因になっているとされています。

抗原も食べ物からハウスダストやダニ、汚染された空気に含まれる化学物質、花粉などへと変化していきます。

アトピー性皮膚炎だからといって、必ずしもその後に喘息や花粉症になるとは限りませんが、その可能性は大きくなりますので、医師と連携しながら、アレルギー症状を起こさないように、上手にコントロールしてことが大切です。

まとめ

子どもがアレルギー症状に苦しんでいる姿を見るのは、親としても大変辛いことですが、残念ながら現在はまだアレルギー体質を変える方法は見つかっていません。

そのため子どもにアレルギーの様子が見えたら、医師の診察を受けた上で適切な治療や対処を行い、アレルギーマーチを予防できるように取り組んで行きましょう。