日頃から注意をして掃除していても、うっかりするとすぐに生えてしまうカビ。

悩まされている人も多いかもしれませんが、そのカビがアレルギーの原因になるということ、ご存じでしょうか?

毎日子どもが入浴している浴室にカビが生えていたら・・・。 ぞっとしますよね。

カビがアレルギーの原因になる?

本日はカビが原因でアレルギーになった場合の症状や原因などをご紹介させて頂きます。

カビのせいでアレルギーになる?

私たちの生活の中には、カビは無数に存在しています。

そして目に見えないとても小さな胞子を、空気中に放出しています。

そのカビを吸い込んでも元気なときは何事もなく過ごせるのですが、免疫力が落ちていると、カビのせいでさまざまな病気にかかることもあります。

その病気のひとつが、カビアレルギーです。

カビの胞子を知らず知らずのうちに吸っていると、それが原因でアレルギーを発症することがあるのです。

昔から「カビの生えたものを食べると癌になる」などとまことしやかに言われてきましたが、「カビの胞子のせいでアレルギーになる」なんて、いかにも現代の病気という感じがしますね。

昔の隙間風が入り込んでくるような家では、風の通りも良かったので、カビも生えづらかったと思われますし、例え生えても胞子が家の中に溜まるという環境ではなかったのでしょう。

ところが現代の家は気密性が高く通気性が悪いため、少し油断するとすぐに色々な場所にカビが生えてしまいます。

家の環境によっては、断熱材と壁の隙間や、フローリングとカーペットの間などにまで、びっしりカビが生えてしまうことも。

カビの胞子は根を下ろす場所があると、そこであっという間に爆発的に増殖します。

日頃の掃除はもちろんのこと、換気や除湿対策をしっかり行うことが大切です。

カビでアレルギーになるとどんな症状が出る?

カビが原因となるアレルギーには、ダニと同じようにアレルギー性鼻炎、アレルギー性皮膚炎、アレルギー性結膜炎、アレルギー性喘息などがあります。

カビが鼻の粘膜に付着すると、くしゃみ・鼻水・鼻づまりなどの症状が現れ鼻炎になります。

また皮膚にカビが触れたことで起きる、アレルギー性皮膚炎というのがあり、これになると、皮膚に発疹や赤身を帯びた腫れができ、かゆくなります。

子どものアトピー性皮膚炎も、カビが原因になることがあるとされています。

結膜にカビが触れると、アレルギー性結膜炎になり、結膜が赤く充血して、とてもかゆくなります。

目は鼻や気管と近いため、他のアレルギーと合併して起こることも多いのが特徴です。

アレルギー性喘息は、カビの小さな胞子を吸い込んで気道に入ってしまうことで起こります。

ヒューヒュー、ゼイゼイという音が呼吸をするたびに聞こえ、発作が起きるとひどく咳き込み、痰も出ます。

気道が炎症を起こして狭くなり、呼吸困難を伴うとても苦しい症状で、乳幼児に起きやすいので注意が必要です。

まとめ

カビは食品の発酵や薬の開発などで私たちの生活に役立ってくれている反面、健康に害を及ぼすこともある菌の一種です。

特にアレルギーは乳幼児がかかることがあり、一度発症してしまうと、長い年月症状に苦しむことにもなりますので、しっかり対策してあげて下さい。