カビがアレルギーの原因になると分かっていても、少しくらいの手間では防げないのもカビの厄介なところです。

特に家族全員が毎日使う場所で、カビが生えやすい条件が整っているのが浴室です。

浴室のカビは早め早めの対処で防ぐ

浴室のカビ対策、どうしたら良いのか?カビアレルギーの原因にもなっている浴室のダニ対策についてお話させて頂きます。

とにかく換気をすること

浴室はカビの温床なので、ちょっと油断するとすぐにカビの胞子だらけになってしまいます。

体を清潔にする場所にカビが生えているなんて、想像するだけでゾッとしますね。

カビは一度生えてしまうと落とすのがとても大変なので、できるだけ発生させないように予防するのが最善の方法です。

基本は換気をして浴室の中の湿気を追い出すことですので、窓がある浴室では入浴後1〜2時間、窓を開けて下さい。

窓がない浴室は、換気扇を回します。

換気扇はできれば24時間回しっぱなしにしておくのが良いのですが、ある程度回したあとに、浴室の戸を開けておくというご家庭もあると思います。

この場合でも、しばらく換気扇を回して浴室の湿気と温度をしっかり逃してから、戸は開けるようにして下さい。

浴室の湿気が家中に回って、他の場所にもカビが発生しやすくなったり、浴室のすぐ近くにある洗濯機にカビが移って、洗濯物にカビが付いたりすることがあります。

カビがついた洗濯物を室内干ししたために、部屋中にカビが生えてしまった例がたくさんありますので、本当に注意して下さい

もちろん浴室の換気扇の掃除は、しっかり行って下さい。

お風呂にかけるのは水?それともお湯?

入浴のあとは、まだ温かいうちに掃除をするのが推奨されているカビ対策です。

お風呂のあとに洗剤を使うのは抵抗を感じる人も多いと思いますので、洗剤を使わなくてもこするだけで汚れが落ちるスポンジを使うのがオススメです。

カビが生える要因は湿度と温度が大事なので、45℃以上のお湯をかけてカビを流したあとに、気になるようなら水をかけて浴室全体を冷やしてみて下さい。

また湿気を残さないためには、お湯をかけたあとにタオルやスポンジで水分を拭き取るという方法もあります。

自分で試してみつつ、最適な方法を探してください。

もう一つ注意したいのが、浴室の中にはできるだけ物を置かないようにすることです。

物が多ければ、それだけカビが付着する場所が増えます。

シャンプーなどの容器の底や出口付近は毎回お湯で洗ってキレイにしたり、バスマットや風呂桶などもしっかり乾燥させて下さい。

子どものおもちゃは濡れたままにしないで、入浴のあとはカゴに入れて浴室の外に出し、タオルの上に置くなどして乾かしておきましょう。

まとめ

掃除が大変な上に、生えてしまうとなかなかキレイには落ちてくれない浴室のカビ。

キレイに掃除しても、またすぐに生えてくるのも悩みのタネですよね。

あ〜、またこんなところにカビが!とならないためにも、少し面倒でも普段から浴室の中はできるだけ乾燥させることを心がけてくださいね。