寒冷蕁麻疹(かんれいじんましん)という言葉を聞いたことがありますか?

その名のとおり寒さが刺激となって起きる蕁麻疹で、子どもにも多く見られ、寒い季節には特に症状が出やすくなります。

寒冷蕁麻疹の症状や対策方法とは?

本日は、寒冷蕁麻疹の症状や対策方法とは?についてお話させて頂きます。

寒さや冷えが原因の蕁麻疹

寒冷蕁麻疹は、アレルギー性蕁麻疹とは違って、物理的な刺激が原因となって起きる蕁麻疹です。

急激な寒さや冷たさが肌への刺激となって、ブツブツが出来たり皮膚が赤くなったり、かゆくなったりします。

子どもが寒い戸外に出た時に急にかゆがったりしたら、それは寒冷蕁麻疹のせいかもしれません。

しっかりと防寒をしていても、顔や手が冷たい風にあたって、突然発疹があらわれることもあります。

寒冷蕁麻疹が起きやすいのは、皮膚が急に冷やされたときです。

特に多く聞かれるのが、温かい浴室から寒い脱衣室に出たときで、あたたまった体が急に冷えることで、からだ中に発疹がでてしまうこともあるようです。

その他にはウィンタースポーツなどでとても寒い場所にいるときや、薄着で寒い戸外に出たときなど、体が冷えたために症状が出るのが、寒冷蕁麻疹の特徴です。

夏にもリスクがたくさん

注意したいのは、寒冷蕁麻疹が起きるのは冬だけではないということです。

プールや川に入ったときに、水の冷たさが刺激になってかゆくなることもありますし、クーラーの冷気が当たって症状が起きることもあります。

またキンキンに冷えた飲み物やアイスのような冷たい食べ物を、飲んだり食べたりしたことが原因になることもあります。

暑い中走り回る子どもにとっては、たくさんかいた汗が冷えるとそれが刺激になる場合もあるので、寒暖差にも注意が必要です。

寒冷蕁麻疹という名称からは、寒い季節特有の症状という印象を持ちがちですが、夏の暑い時期でも突然症状が出ることがあり、特に子どもにとっては季節に関係なく気をつけたい蕁麻疹です。

冷たい飲み物や食べ物が刺激になった場合、口の中や喉が腫れることもありますので、注意してあげて下さい。

病院を受診するタイミングは?

蕁麻疹は何もしなくても数時間程度で症状がおさまることが多く、その後落ち着いていくようならそのまま様子を見ても大丈夫です。

寒冷蕁麻疹が出たら、かゆみがあっても絶対に冷やしてはいけません。

できるだけ温かい場所に移り、ゆっくりと体を温めていきましょう。

ただしかゆみが強い、唇やまぶたが腫れる、呼吸が苦しそうなどの症状があるときは、病院を受診して医師の診察を受けて下さい。

また寒冷蕁麻疹を繰り返し、そのたびに範囲が広がっているような場合も、一度診察を受けた方が良いでしょう。

治療は基本的に抗ヒスタミン剤などの飲み薬で行います。

まとめ

寒冷蕁麻疹は最初は鳥肌のような、ブツブツとした発疹が出来ることが多く、寒くて鳥肌が立っているのかな?と勘違いすることも多いようです。

寒い季節は乾燥のために肌がかゆくなることも多く、判断に迷ってしまいそうですが、保温と保湿をしっかりして症状が出ないようにケアしてあげることが、予防にもなります。

病院では検査をすることもできますので、心配なときは早めに診察を受けておくと安心ですね。