生まれてすぐの赤ちゃんに、アレルギー症状がでることがあります。
まだ消化器官が未熟なために、ミルクの成分に反応してしまうもので、まれに重症化することもあるので注意が必要です。どんなアレルギーなのか、詳しく見てみましょう。

生まれて最初に出るアレルギー反応

食物アレルギーにはいくつかの種類がありますが、その中でも人生で一番初めに発症するアレルギーと言われるのが、新生児・乳児消化管アレルギーです。

生まれてまもなくの新生児期から、乳児期にかけてあらわれるアレルギーで、主に粉ミルクを飲んだあとに嘔吐や下痢、血便などの症状が出ます。

ほとんどの場合は牛乳由来の粉ミルクを飲んだあとに見られ、原因は牛乳に含まれるタンパク質に対して、消化器官がアレルギー反応を起こしているからと考えられています。

ただ発疹がでたり、のどがゼイゼイするような他の食物アレルギーとは発症のしくみが違っていて、まだそのはっきりとしたメカニズムはわかっていません。

完全母乳の赤ちゃんに症状が出ることもあり、その場合は母乳にわずかに含まれる牛乳たんぱくに反応していると考えられています。

症状が出たらすぐに専門医へ

新生児・乳児消化管アレルギーは、アレルゲンとなる食物を摂取してすぐに反応が出る即時型アレルギーとは違って、比較的ゆっくりと症状が出てきます。

粉ミルクを飲んで24時間以内に血便、嘔吐、下痢などが見られたり、赤ちゃんがぐったりしているなどの様子があったら、このアレルギーが疑われます。

アレルギー専門の医師、できれば小児科医に診察してもらいましょう。

このアレルギーは所見だけで診断することは出来ないので、確定するためには詳しい検査が必要になります。

血液検査や便粘液の検査、内視鏡検査、負荷試験などを行います。

治療はとにかく早く始めることが重要なので、疑いが出た段階で治療用ミルクに切り替え、アレルゲンの除去を開始します。

母乳の場合は、お母さんがアレルゲンと思われるものを完全に除去しなければなりません。

成長とともに改善し除去食も不要に

生まれてすぐの赤ちゃんが発症することもあるので、妊娠したら牛乳を飲まなければいいと考える人もいますが、それはあまり望ましくないようです。

妊娠中はカルシウムを補うことも大切ですので、バランスよくいろいろな食品をとることが必要になります。

ただし家族のアレルギーが気になっている場合は、ある程度乳製品は控え目にした方が良いという考えもあります。

新生児・乳児消化管アレルギーは治療をしっかりと行えば、2歳くらいまでには改善します。

そうなればまた、乳製品を食べることもできるようになりますので、初期の段階から適切な対応ができるように、気になったらすぐに専門医を受診して下さい。

除去食はゆるやかに、必要最低限の範囲で行いますが、いずれにしろ自己判断ではなく、必ず医師の指導のもとで行うことが大切です。

まとめ

生まれたばかりの赤ちゃんにアレルギーだなんて、ショックなことですよね。

でもずっと続く症状ではありませんので、家族で協力して乗り切って行きましょう。

母乳育児のお母さんは自分でもアレルゲンの除去をしなければなりませんが、完全な除去にこだわって神経質にならず、医師との連携でストレスにならないように過ごして下さいね。