果物や生の野菜を食べたことで起きる、口腔アレルギー症候群って聞いたことがありますか?

モモを食べたら何となく口の周りがかゆくなった、などという経験を持っている人もいるかもしれませんね。

口腔アレルギー症候群に要注意

本日は、ラテックスフルーツ症候群と呼ばれることもある、このアレルギーについてお話させて頂きます。

口腔アレルギー症候群はどんな病気?

おいしい果物が食べられなくなるかもしれない、そんなショッキングな食物アレルギーがあります。

口腔アレルギー症候群というもので、生の果物や野菜、ナッツを食べたあと15分程度の間に、口の中や唇、のど、耳の中がかゆくなったり、ひりひり、イガイガした感じのアレルギーによる症状が出てきます。

じんましんや顔のむくみ、腹痛や下痢といった症状があらわれることもあり、ひどくなるとのどが腫れて詰まる感じがしたり、呼吸困難をおこすこともある怖いアレルギーです。

花粉症と同じように、目や鼻に症状がでることもあります。

まれにアナフィラキシーショックを起こすこともありますので、おかしいと思ったらすぐに救急車を呼ぶか、救急外来を受診して下さい。

花粉症やラテックスアレルギーと関連している

このようなアレルギーが起きるのには、花粉アレルギーが大きく関係していると考えられています。

シラカバなどの花粉に含まれるアレルゲンと、果物や野菜、ナッツなどのタンパク質が似た構造をしているため、そのタンパク質を持つものを食べたときに、アレルギー反応がおきてしまうとみられているのです。

またラテックスにアレルギーがある人にも、同じような症状がみられることがあり、別名ラテックス・フルーツ症候群とも言われています。

これらのアレルギーが起きやすい果物は、リンゴ、キウイ、モモ、メロン、スイカ、さくらんぼ、マンゴー、グレープフルーツ、バナナなどがあり、野菜ではニンジン、セロリ、トマト、じゃがいも、きゅうり、ズッキーニなどがあります。

またピーナッツ、アーモンド、ココナッツ、ヘーゼルナッツ、ウォールナッツなどのナッツ類も症状を誘発しやすいとされています。

口腔アレルギー症候が起きたらどうしたらいい?

口腔アレルギー症候群が疑われる場合は、アレルギー科で検査をした上で、症状を起こした果物や野菜を生で食べることは避けなければなりません。

子どもが間違えて口にすることがないよう、親戚や学校などの関わりのある人に伝えておくことも必要になりますね。

また子どもの場合は同じ果物を頻繁にたくさん食べていると、症状が起きる場合があることもわかっていますので、好きだからと言ってひとつのものを食べさせすぎないようにするほうがいいでしょう。

果物や野菜は生で食べることで起きるアレルギーですので、調理をして火を通せば食べても大丈夫です。

ただし、ナッツ類は加熱しても症状はおきますので、調理したものでも食べないで下さい。

子どもに限らず、アレルギー症状が出るときは風邪をひいていたり、寝不足や疲れなどで体調が良くないとき起きやすくなりますので、日頃の健康管理に注意してあげることも大切ですね。

まとめ

旬の果物や野菜はとてもおいしいものですから、生のおいしさを味わえなのは残念ですが、加熱してもおいしいレシピを探して、いろいろ試してみるといいですよね。

家族の中でも食べられる、食べられないがあると悩みのタネになりますが、子どもは成長とともに柔軟にものごとに対処していけるようになりますから、お母さんもあまり落ち込まないようにして下さいね。